ししゃもの独り言

音楽とサッカー 野球が好きな高校生 Jリーグはグランパス 海外サッカーはマンCとウルブスをかじってる程度 野球は祖父の影響で身内で2人だけのカープファン 野球は経験してるからまだしもサッカーは全く経験がないです 素人の1試合ごとの感想を自己満と共に書いていきます。たくさんのご指摘待ってます

対湘南戦

①湘南戦までの独り言

やばい!書くの忘れてたと当日の朝起きた時に気づいて急いで書いております。湘南は今季不調ですね。降格はないと行ってもどのチームを1つでも順位はあげたいのと同時に未来への構図をはっきりするために若手の育成や経験積みも同時に行いたいこの過密日程どのチームもどう戦うかここから鬼の10何連戦続くチームもあるだけにどのチームも見所が増し増しですね。そんな名古屋はと言うと宮原と渡邉が練習に合流。今節から阿部ちゃんも復帰という話も聞くのでいいニュースが多い3日間でしたね。ですがその反面疲労が溜まっている選手は多いですし、成瀬は2枚のイエローを貰ってこの試合は出れません。オジェソクか宮原それとも石田か?はたまた右吉田 左太田か誰になるのかは分かりませんが楽しみにしたいです。

②湘南さんの印象

とにかく誰もが湘南の印象って何?って聞かれたらこうでしょう。全員で走って走りまくるサッカーですよね。今季は3-4-2-1のシステムを貫いている湘南。ガラッとメンバーも変わってだいぶ見慣れない名前も多いです。中でも個人的注目はやっぱり齋藤未月選手。f:id:shishamo2551:20200819075706j:image

僕の補強シリーズでも名前が上がって選手です。今季は先日大敗した横浜戦以外は全試合スタメン出場しています。ボランチの位置の彼ですが彼の魅力はこれといって突出したものはないですが安定感や視野の広さそして今年湘南では副キャプテンを務め、U20の代表では10番を背負いキャプテンとしての働きを十分に見せてくれました。U20の監督影山さんの言葉を少し使わせてもらい自分なりの文にします。「彼はどの試合でも自然体でプレーできている。審判とのコミュニケーションも多く選手間での会話も特に多い選手であり、英語も話すことが出来るのもひとつの強み。そのメンタリティに加えて、絶対にやらせないという闘争心にワイルドでガッツのあるプレーが相手のエースや司令塔となる選手を潰して相手に自分達のサッカーをさせないというのも彼の魅力である。」記事も載せておきます。

https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20190529/941962.html

若いのにあれだけ思いきったプレーができてチームを引っ張っていく存在。今の名古屋にというか未来の名古屋に欲しい存在ですね。齊藤未月選手の紹介になってしまいましたが、近年やっぱり湘南はいい選手を排出してますよね。一昔前には遠藤航 永木亮太 最近で言うと杉岡や三竿そして菊池もそうです。すぐ他クラブに奪われていますが、育成力があるチームというのは間違いないですよね。そんな湘南の穴は確実にディフェンスラインです。攻撃時相手選手の加速やドリブル、裏抜けに全く対応できてませんでした。そこをどう2列目の選手が上手く使えるかですよね。名古屋の強みの2列目の飛び出しや抜け出しの速さ、パスワークでの裏抜けに金崎のキープからの各選手の動きがすごく効果的になると思います。今回の試合は名古屋ペースでサッカーができると思ってます。そんな名古屋の注目選手は僕はすごく迷ったんですが、マテウスで行きたいと思います。
f:id:shishamo2551:20200819155801j:image
ココ最近本当に守備意識も高くて成瀬(今回はいませんが)との上下関係もすごくいいのでキーマンとさせていただきます!

③スタメン発表後の独り言

f:id:shishamo2551:20200819171614j:image

両チームのスタメンと僕の予想フォーメーションです。名古屋は今季初のシステム4-4-2の予想です。正直な話役割や特徴の被っている山崎と金崎が共存できるのかは分かりません。素人の僕にはまだ理解の足りない2人の違いがあれば教えて欲しいです。あとは予想通りのSBでした。ベンチには初のオジェソクが入ってます。後半からの登場に期待です。阿部ちゃんは結局まだでしたね…湘南側は齊藤が出場停止から復帰です。名古屋フロントが今日のプレーを見て獲得に動いてくれることに期待してます笑 あとは石原さんがFWに入ってますね。山田直樹も久々のスタメンです。フォーメーションは今の画像か金子1ボランチの齊藤と山田の2シャドーかもしれません。

④攻撃守備時の人数についての独り言

どうでしょうか?攻撃は数的有利は作りにくいかもしれないですね。普通の状況ならば金崎山崎マテウス相馬+ボランチのどちらかの5人が攻撃に回ることが考えられます。相手はそれに対して3人のCBに古林と馬渡そして金子と齊藤or金子のみ(ワンボランチの場合)最低でも同数or1人不利の状況です。だからこそ東京戦のようにボールを持たされて遅い攻撃になってしまうとなかなか難しい展開が続いていきます。その分名古屋の速いカウンターサッカーがぶっ刺さると思うのでそこに期待してみていきます。守備は湘南は確実に古林と馬渡は全力で攻撃に参加していきます。それに加えて2トップに2シャドーがいるのでかなり多い人数で攻撃してきます。それに対して守備4人にボランチの2人、そしてサイドの2人も守備意識は高いので人数はほぼ互角で戦えるでしょう。これだけ攻撃参加してくるならカウンターはかなり刺さりますよね。それだけサイドの2人の運動量が求められます。どちらかのサイドで攻撃している時はどちらかのCFがサポートに回り片方が裏抜けやゴール前待機でしっかり攻撃で連携すれば結果は自ずと出てくるでしょう!

⑤試合内容についての独り言

いやぁ劇的な試合展開でしたね。最後マテウスのゴールに向かっていく速い低弾道CKが齊藤の頭にあたってゴールにinしましたね。この勝ちはでかい!では、試合の方へ…前半は主に名古屋ペースの試合前節のように握らされていると言うより上手くボールを持てていた印象ですよね。いつもとは違う相馬とマテウスの入れ替えは吉田と相馬のラインを意識してのものですね。とにかく前に前に来る湘南に対してしっかりパスコースを作るという意識がもててました。特に今日はシミッチの動きはかなり良かったですね。貰いに行く姿勢も持っている時の対応も良かったです。前半は悪かったところといえば珍しく太田のミスが目立ってましたね。上手く前にプレスしてくる相手をかわして後ろに出そうとするとそこに岩崎が突っ込んでくるせいでパスコースがなくなります。ここすぐ判断できなかったのも痛いですけど湘南の前線への意識が高いのもミスを誘発するのが上手いですよね。山崎はどうでしょうか?今日はいつもの金崎と交代した時のように受けて繋ぐより実況解説共に御二方言っていたように縦関係になってスペースに走りに行って裏へのボールを受けることが多かったです。あの体格で足が速いのはやはり山崎ならではですね。後半は完全に湘南ペースでした。勝ち点1かはたまたスタミナのあるチーム湘南に終盤にやられるかヒヤヒヤしてました。後半に入っても前線へのプレシャーは収まるどころか増す一方、DFラインが焦ってキツイ体制から前へのロングボールおかげで上手く繋がらないしセカンドも取れないこれがなんと言っても厳しい。この感じなんか見た事あると思ったらアンフィールドの奇跡をやり遂げたリヴァープールがバルサ相手にやっていた戦術ですね。とにかく蹴らせて相手の形を作らせない。これは素晴らしい👏ですが名古屋に手がなかった訳では無いです。中盤2人のキープ力は健在でそこから変わった2人が受けて走るシャビエルはパスが雑になることが多いです。雑というか長いか短いかの二択、加減ができてねぇんだよ!どこかの東京サポYouTuberがいいそうな言葉です笑 ほんとに後半は湘南側の攻めが失敗してボールを取ったあとのプレーが続かないので湘南がまたボールを握りこればっかりに自分達のサッカーができてませんでした。ここで投入されました。オジェソクです。素晴らしいプレイングでしたね。細かいパス回しも丁寧ですしスペースを作るそして作らせない立ち回りも良かったですね。なんと言ってもあのクリアです。あそこが試合の分かれ目と言ってもいいところです。今回の勝ちはオジェソクのひとつのプレーから頂いたものですね。成瀬に期待していただけにライバル出現で少し辛いものがありますがこれもいい経験です。最後のシーン1つBIGチャンスがありましたね。稲垣完璧なキープからのスペースへのスルーパス反応したマテウスが中に低くて速いパスを入れての前田は決めれず…ここの稲垣のプレーも良かったですね。手を上手く使ってキープしましたね。そして最後はマテちゃんのキックが齊藤にあたってゴール!!見事な勝利でした!

⑤まとめとおまけ

こういう試合勝てるのが強いチームであり上に行けるチームです。去年までだったら前節東京戦から多分急降下爆撃してました笑 ここ勝てたのはホントでかいです。そして改めて攻撃にひとつ最後の仕上げをしてくれる阿部ちゃんの存在の重要性に改めて気付かされました。 おまけはどうしようか迷いました。とここでバルサに新監督がオランダ代表監督のクーマンが就任。そしてその後任にドワイトが監督に…ここで記事を見て名古屋のコーチだったんだ!ってことを知りました。さすがに僕は2歳なので全く知りませんでしたが、父親は下の名前が特徴的だったので覚えていたと言ってました。

ドワイト・ローデベーヘス なかなか言い難い名前ですね笑